トップページ » 50周年の結果報告

東日本大震災支援物資に関する感謝と報告

この度、東日本大震災支援物資として松田歯科医院からの500本の歯ブラシに加え、イベントへご参加頂いた方、1名様につき「歯ブラシ10本」を合わせて送らせて頂きました。

支援先「岩手県 大槌町」からのご報告

配布とご報告が遅くなり、大変に申しわけありませんでした。 昨日無事に、頂いたデンタルフロスと歯ブラシを配布させて 頂きました。 デンタルフロスは指導が必要なため、仮設町役場の横の仮設診療所で、 被災者のために活動している歯科診療所に、 そして歯ブラシは昨日歯科検診の折に、大槌町の小学生殆どが通う 吉里吉里小学校で配布させていただきました。

パレスチナ子供キャンペーンは、現在人手が足りず、 私も今週は京都にリハビリに戻ってきていたため、 写真をお送りすることが出来ず、大変申しわけありません。

大槌では五校あった小学校のうち4つの小学校の生徒が吉里吉里小に通っており、 皆使いやすい歯ブラシに大喜びだったということです。 本当に、どうも有り難うございました。 大槌では残り一校の小学校が、山田青少年の家というところで場所を借りて 授業を行っており、残りの歯ブラシを全てそこで配布させて頂く予定でおります。 大槌の小学生全部でおよそ1000人ですので、本当に丁度良い数でした。

また私も来週に岩手に戻りますので、その折に又子ども達の写真が 取れましたら、送らせて頂きます。

このたびのご協力、本当にどうも有り難うございました。
パレスチナ子供のキャンペーン(CCP)
千田悦子